花粉対策



【車にこびりついた花粉への対応は?】

花粉は雨などに濡れて、その後乾燥すると

ペクチン』という物質を

排出するそうです。

このペクチンは時間が経過すると

塗装の組織の中に浸潤(しみ込み侵す)していき、

塗装の内部から組織を収縮させるような

働きをします。

これが『シミ』のように見え、洗車したり、

お湯で拭いても落ちない原因となるそうです。


◆対処方法◆
【軽度の場合】
まずは水で洗い流す方法が一番良い方法です(先に雑巾やタオルで拭くとボディに傷をつける恐れがあります)

【洗っても落ちない場合】
50°~70°のお湯で洗う。

塗装面の熱を上げるとしみが消える

いわれています。

これは、熱で『ペクチン』が壊れるからだそうです。

(夏にしみが消えるのはそのためです)

◆ポイント◆
直接ボディにお湯をかけるのではなく、タオル

などを置いて、その上からお湯をかけるとうまくいきます。

※塗装にダメージを与える恐れがあるので、ヒートガン、スチームクリーナーは使わないでください



?Gg[???ubN}[N??