大雪<たいせつ>

今日は二十四節気の大雪。

「天地の気が塞がれ、冬がおとずれる頃」

空は重い雲に覆われ、生き物はじっと気をひそめているようです。

寒さもずいぶん身にこたえるからようになってきました。











霜降<そうこう>

今日は二十四節気の霜降。

「朝晩の冷え込みが増し、北国や山里では霜が降りはじめる頃」

確実に秋は深まってきましたね。








寒露<かんろ>

今日は二十四節気の寒露。

「秋が深まり地面の露に寒さを感じる時期」

朝日が昇るのがずいぶん遅くなってきた気がします。

朝晩は肌寒さを感じますね。

そろそろ冬物の衣類の準備をし始めようかなと思います。








秋分

今日は二十四節気の秋分。

「秋の彼岸の中日、昼夜がほぼ等しくなる頃」

日中はまだまだ暑さが残っていますが、

朝晩の空気が変わってきたような気がします。

みなさん、体調管理にはお気をつけて。










白露<はくろ>

今日は二十四節気の白露。

「しらつゆが草に宿る頃」

日中はまだまだ暑さが残ってますね。

でも朝夕は涼しさの中に時おり肌寒さを感じることもあります。

確実に秋へと時は流れていきますね。










処暑<しょしょ>

今日は二十四節気の処暑。

「暑さが納まる頃」

とても暑さの峠を越したとは思えませんね。

やはり地球温暖化で昔の暦とはずれが出ているのかもしれません。












立秋<りっしゅう>

今日は二十四節気の立秋。

毎日暑い日が続きますが、

季節のあいさつは残暑見舞いに

変わっていきますね。

夏バテ、お気をつけください。